本文へ移動

組合案内

会社案内

高知市は昭和51年7月「ただのごみでも分ければ資源」との理念により、市民との協同による資源・不燃の分別収集高知方式を開始しました。

この分別収集は、おおむね100世帯を単位とする登録団体(自治会等)が集積場所を決めて市に届出し、自らの手で資源物と不燃ごみ、水銀含有物を分類・整理し、それを収集するシステムです。

資源物については、高知市再生資源処理協同組合が高知市より委託を受け収集し、中間処理し商品化した上で再資源化ルートに乗せ、資源の有効利用に大きく役立っています。
また、売り上げ金の一部を分別援助金として登録団体に還元しています。



経営理念

1 存在意義
 資源・不燃ごみの再資源化を通じて、資源循環型社会の構築に資する為に努力する。

2 行動規範
 公共性・公益性を重んじ、市民・行政・協同組合の三者協働による高知方式の維持・発展に努める。同時に、社会貢献に寄与し、高知市民から信頼される組織となる様に研鑽する。

3 経営姿勢
 相互扶助の精神を基調とした組合事業の円滑な運営に努める。また透明性の確保に努め、健全経営を行うことで組合員と従業員の生活向上を図る事とする。
高知市再生資源処理協同組合
〒781-5103
高知県高知市大津乙1786番1
TEL:088-866-5613
FAX:088-866-3497

  1. 組合員の取り扱う再生資源(故金属、故繊維、古紙等)の共同販売
  2. 組合員の取り扱う再生資源および必要資材の共同購入 
  3. 組合員の取り扱う一般廃棄物の共同処理施設の設置ならびに運営 
  4. 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上または組合事業に関する知識の普及を図るための教育および情報の提供
  5. 前各号の事業に附帯する事業
0
4
3
9
8
7
TOPへ戻る