本文へ移動

金属

金属中間処理の流れ

運搬・搬入

各家庭から資源・不燃物ステーションに排出された金属類は、金属収集車によって集められた後に当施設に搬入されます。

仕分け

荷下ろしされた金属資源物は、鉄・非鉄・要解体物・不純物に手作業によって分別されます。

解体作業

折りたたみベッドやイスなど金属製の部分と可燃性素材で作られている製品は、手作業により金属部分とその他の部分に解体します。

傘の解体

以前は三里最終処分場にて埋め立て処分をされていた傘ですが、平成22年11月より資源物として収集を行った上で手作業にて金属部分と可燃物に解体をしています。

金属プレス

鉄と非鉄金属(アルミやステンレス、銅など)に分けられた資源物は、プレス可能な物はプレス機にてプレスされます。プレスが不可能な物は袋に詰められて出荷を待ちます。

プレスされた金属

プレスされた金属です。
材質や製品によりますが、一つで180~220キログラムあります。

金属類ストックヤード

金属ストックヤードにて一定量ストックされた後に各金属の製造工場に原材料として出荷されます。
プレスが出来ない金属は、袋に入れられて保管・出荷される物もあります。
高知市再生資源処理協同組合
〒781-5103
高知県高知市大津乙1786番1
TEL:088-866-5613
FAX:088-866-3497

  1. 組合員の取り扱う再生資源(故金属、故繊維、古紙等)の共同販売
  2. 組合員の取り扱う再生資源および必要資材の共同購入 
  3. 組合員の取り扱う一般廃棄物の共同処理施設の設置ならびに運営 
  4. 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上または組合事業に関する知識の普及を図るための教育および情報の提供
  5. 前各号の事業に附帯する事業
0
4
1
3
1
4
TOPへ戻る